まつながの日記

まつながの日記です

まつながの情報をまとめたサイトです!

初めて公道を運転して怖かったこと

初心を忘れないよう、車を運転していて何が怖かったか、ひたすら書いて残しておきます。

ペーパードライバー講習も受けて、ちゃんと無事故無違反で元気にレンタカーを返せたので、よかった。もちろんちゃんとね、ちゃんとしてるんですよ。ちゃんと免許とって勉強もして講習も行って、準備はたくさんして、でも公道は怖いなーって話。

 

f:id:matsunaga_bodoge:20180723181618j:plain

ハスラーを運転したわけではなく、トヨタレンタカーさんの車を運転しました。

 

怖かったこと

・対向車
対向車がこんなにも怖いものだと思わなかった…。まず前提として、自分が車線の真ん中を走れているか不安で、対向車線にはみ出ているのではないかという不安があるのです。なので、対向車に正面衝突するのではないかという不安が、対向車を見る度によぎります。怖い…!!

 

・カーブ
まず、速度が適切なのかが不安で、横転するのではないかと思って減速しすぎてしまう。もしくは速度を落とさなくてもいいという指示でそのまま行くのですが、うまく曲がれずにぶつかるのではないかという不安があります。実際、けっこうカーブははみ出たり内側回りすぎたりしました。危ない。

 

・脇の草
だろう運転はだめで、かもしれない運転をしろ、みたいなのを言いますが、脇に生えてる背の高さくらいの草が怖くて、あそこで子供がかくれんぼしてて急に車道に飛び出てくるかもしれない、事前にどう検知できるのか?ほんとにその草には子供はいない?と極端に不安になる。

・下り坂
ただ下り坂ってだけで、車があんなに速度が出るなんて、めちゃくちゃびびりました。坂ってすごい。でも気づいた途端ブレーキを踏むようになってしまい、それもそれで良くない。でも自分は何もしてないのに加速するなんて、下り坂ほんと怖い。カーブもあると、もっともっと怖い。

 

・信号の一番前
前の車がいないと、入る車線があってるかとかわからなくて、怖いですよね…。

 

・青信号
遠くに見える青信号がほんと怖くて、あれ微妙なタイミングで黄色になったらどうしようっていう思いがあって、黄色や赤に比べて段違いに怖い…。せめて歩行者用信号があればいいんだけど、だってそのまま行くと赤に差し掛かるときに交差点行くけど止まったら後ろがびっくりするとか言われると、もう詰んでない…?

 

・車線変更
まったく車がいない車線への車線変更はいいんですよ。車が微妙にサイドミラーに写ってるとき、その車がどれくらい近いのかがサイドミラーだけじゃわかんない…。怖い。。左折のあとすぐ右折とかってカーナビがいうと、車線変更するの!?って焦る。

 

・センターラインのない道
センターラインを見て、自分が今ちゃんとしたとこ走ってるか判断するじゃないですが。センターラインが、車のこのへんにかかってるからいつもどおりだなって。そういう目安をつけるのも、別に悪いことじゃないよって教習所の先生に教えてもらって。だから、そのセンターラインがないと、自分が道のどのへん走ってるかわかりづらくて不安で。左にがりがりぶつけちゃうくらい左に寄っちゃってるかもしれないし、対向車来ると激突しちゃうくらい右に寄っちゃってるかもしれない。怖い。

 

・ガードレール
自分が左に余裕持って走れている自信がないので、ガードレールや電信柱や自転車や、なんでも左側にあると、もう激突させる罠にしか見えない。

 

・後ろの車
前の車がいるときは問題なし。流れに乗ってれば大丈夫だから。前の車がいないときの後ろの車はほんと怖い。速度出ると怖いんで、40キロ制限の道なら40キロで走ってたいんですよ。そしたら、なんか後ろの車が近くない?って。あおってるとかじゃなく、まあ50キロとかで走ってて普通に追いついたから後ろにいるだけだとは思うんですけど、どうしよう速度出さなきゃいけない??って焦る。

 

・バック
教習所でバックで停車する練習を30分くらいしたけど、やっぱりバックは怖い。隣に車があったりすると、失敗するともう終わりじゃないですか。ぶつけたら。斜めに入っていくのに、右にも左にも当たらない理屈がよくわからない。結局バックで駐車は一度もせず頭から突っ込んでいくパターンのみで乗り切った!で、そしたらバックで出ることになって、それも怖くてできなくて、同乗者に外出てもらってオーライオーライしてもらいました。

 

・前を走る原チャリ
30キロですよね、原チャリの最速。前に走ってたら抜いたらいい、というか抜かなきゃって思うんですが、そんな繊細なことできない。

 

・細い道
これも自分がどこ走ってるかよくわからないから細いと左側ぶつけそうで怖い。右も怖いけど。向かいから車が来る可能性を考えると、もっと怖い。

 

・合流
すっごい怖い。誰もあけてくれなくて車線なくなるまでに合流できなかったらどうなるの??

 

・カーナビの「○○メートル先」
700メートル先、左折です。とかって言ってくれるんですが、どれくらいの距離なのか基本わからなくて、え、この道左折?次の信号??って毎回焦る。

 

怖くないとわかったもの

・バイク
なにかバイク特有の動きがあるかなって思ったけど、普通に車と同じってわかった。巻き込みの注意はもちろんいるけど、特別怖くはない。

 

・右折
意外と右折だけの時間がある信号って多いんだなってわかって、それなら右折できる。普通の信号でも、反対の車線の車が普通に途切れて普通に右折できたから、怖くなかった。右折ってもっと難易度高いと思ってた。よく右折しないように左折だけで目的地行くとかいう話聞くから…。

 

練習が必要なもの

必須:スムーズな加速、減速、バック、方向指示器、一定速度、まっすぐ走る

発展:道を覚える、看板を見る、たまたま見つけた施設に入る、景色を見る

 

 

以上!

18で免許を取得してから10年。10年の間、サファリパークで遊びで車を運転してみることはあったけど、公道を1度も走りませんでした。乗らないに越したことはないって親にもよく言われてたのでそのまま10年…。東京だと車乗らなくても特に問題はないしねえ。

が、知人の車に乗って旅行っていう経験をしてみると、ふらっと行きたいところにいけるし、電車の時間を気にせずいつでも移動できる!おしゃべりもできるし楽しい!!

ということで、ペーパードライバー講習1時間×2に通って10年のブランクを埋めてから、運転しやすそうな郊外まで電車で行って、レンタカーを借りて旅行してみました。

 

めっちゃくちゃ疲れたので、次またすぐ行きたい!とは正直思えないけど、いい経験になりました~

 

…基本、怖いって思う原因は、自分の車を俯瞰的に見れていないことだと思うんですよね。車って大きいし。だから、バイクにするとこの不安ってほとんどなくなるんじゃ??っていうのが今の希望的観測。