まつながの日記

まつながの日記です

まつながの情報をまとめたサイトです!

ゲムマ2018秋新作Loving Penguinをなぜ作ったのか

Loving Penguinというバッティングゲームを作りました。

横向きの箱です。アミーゴ小箱サイズです。

f:id:matsunaga_bodoge:20180921184738j:plain

 

ルールは2ページです。

f:id:matsunaga_bodoge:20180916185913j:plain

f:id:matsunaga_bodoge:20180916190805j:plain

 めっちゃピンクピンクですが、実際の色は↓の感じなので、安心してください。

f:id:matsunaga_bodoge:20180916191316j:plain

 

で、内容を紹介すると、チームプレイやスカルキングみたいに目指すところがあるバッティングゲームです。

ちょっと特殊な数字の使い方もありますが、ちょいちょい見る、最弱だけど最強のが出たら最強みたいなやつです。10が出たときだけ1のほうが強くなります。

 

なぜこのゲームを作ったかですが、私はバッティングゲーム、ブラフゲームがあまり好きではありません好きでない部分を解消して、自分の好きなバッティングゲームを作ってやろう、と思ったのがこのLoving Penguin(ラビングペンギン、以下らぶぺん)です。

 

以下、ハゲタカのえじきとかのどこが苦手かを書いているので、お気に入りのゲームが悪く言われているのを見ると気持ちが落ち込む…というタイプの方は、すみませんが読むのをお控えください。。。

あ、別に悪口は言ってないです、私がなぜ苦手かを淡々と書いてるだけです。

 

らぶぺんのよいところ:システムに注力できる

バッティング・ブラフゲームの苦手なところに、プレイヤーのトーク力で面白さが上下する幅が大きいというのがあります。私は。

ハゲタカのえじきとかって、「よーしここで10出しちゃうぞー」「私1しか出さないから、もっと小さい数字でもいけるよ!」みたいな駆け引き?したりするじゃないですか。あれが苦手で。

 

Loving Penguinにおいては、正直話さなくていいです。トリテくらいのテンションで遊べることを目指しました。

まず目的カードを見て、手札から考えるとどれなら達成できるか、もしくは多少無理をしてでもどれをとれば逆転できるか、考えることができます。

バッティングのフェーズが始まると、全員の目的カードとすでにとったカードを見比べて、いま出されたポイントとなるカードが各プレイヤーどれだけほしいかを考えます。1点のカードだから楽に取れるかと思いきや、目的カードの都合でめちゃくちゃほしいプレイヤーがいたりするのです。

可能なら10や1あたりをカウンティングしておきましょう。

 

らぶぺんのよいところ:展開を論理的に考えられる

 ブラフゲーって、裏をかく、その裏をかく、さらにその裏を…とかいうけど、裏をかいてるかどうかを考える要素がほぼなく、結局運ゲーなのでは?と思ってしまうんです。

考えるのが楽しい、というのは、私はあまり思わなくて、割と手なりでやっちゃうんです。いや、もちろんランダムでは出さないですよ。でも、なんかこう、あんまり考えても仕方ないかな、何出してくるかわかんないし。くらいのテンションになります。

ハゲタカのえじきって、10は誰でもほしいしマイナスは誰でもほしくないっていうゲームだと思っています。勝ってるから無理にここで勝たなくてもいい、とかはあるので多少のブレはありますが。

らぶぺんは、もちろん10が10点で1が1点ですが、たとえばあと3点のカードを取ると目的カードのボーナスで追加10点!って人がいると、その人にとって3点のカードは13点みたいなものです。逆に10点のカードをとっちゃうと目的カードから外れてボーナスの15点がなくなっちゃう!って人とっては10点のカードは-5点みたいなものです。

妨害するためにそれでもほしい、とかのパターンもときによっては考えられますが、基本的にその人は2とか3のカードを出してくるでしょう。10点のカードを5あたりで取れることもあるのです。

 

 

と、そういう感じ?です!!!

簡単にまとめると、楽しいゲームを作ったよ!っていう話でした。

 

共感してくださって、ちょっとでも興味を持ってくださる方がいらっしゃったら、とても嬉しいです。何言ってるんだこいつってなった方でも、ゲームとしては気軽にわいわい楽しめるゲームになったと思ってますので、ぜひ当日見に来てください!